アラサーワーホリ男性のバンクーバーでヴィーガン(ビーガン)生活(4) なめたけパスタと長ネギの和風トマト煮の作り方

こんにちは、くるぶしです。

 

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

 

ヴィーガン生活4日目となります。

 

昨日、同様に胃もたれはなしで体が軽いです。

 

 

え?肉を食べた?

ヴィーガン料理に慣れていないせいもあり、腹八分?もしかしたら腹六分が続いてます。

寝ているときに空腹を感じてました。

そして、夢を見ました。

夢の中で僕はサブウェイに行き、サンドイッチを注文。

自分がヴィーガン生活をしていることをすっかり忘れて出てきたのか、鴨肉を使ったサンド。

サンドが出てきたタイミングで
しまった、ヴィーガン生活中だからこんなもの食えない・・・ひとまず、鴨肉は取っ払えば食えるか・・・?

いや、ソースもアウトか?

などと考えていたら、目が覚めました。

夢の中では肉を欲していたようですが、正直なところ「肉喰いたい」という感情はまだわきません。

卵に関しても同様に、「食べたくて仕方ない」といった気持ちはわかないです。

料理の出来栄えはイマイチだが、意外とヴィーガン生活は続けれそうな気がします。

 

朝食:なめたけパスタ

昨夜失敗した「なめたけ」作りに再挑戦。

今度は、こちらの教科書を参考に別の調味料で実践

具材と調味料

 

具材
・マッシュルーム:6個くらい
・パスタ:150グラム

 

調味料
・醤油:大さじ3
・みりん:大さじ3

 

作り方

マッシュルームは細く切って、油を使わずに煮詰めます。

ライスヌードルはリベンジを諦めて、パスタを茹でます。

茹で終わった後に、煮詰めたキノコとあえてお皿に盛り付け完成。

 

感想

えのきじゃないからか、やはり味の濃い煮詰めが出来上がってしまいました。

茹で時間が短かったのか、パスタが若干硬い

そして、僕は、このパスタを「ペンネ」とかだと思ってました。

しかし、彼女から「これはラザニアなんかに入れるやつではないか」との指摘が入りました。

言われてみると、確かにそんな感じだ!!

茹でるのも10分くらい茹でても固いし、サイズもデカすぎる

俺はラザニアに入れるやつをパスタと思っていたのか・・・と、料理の知識が露呈される。

とりあえず食べきりましたが、もう一度食べたいとは思いません・・・

100点満点中35点くらいの出来栄えでした。

 

起死回生?トマトで煮てみる

朝食ですが、途中で味に飽きてしまいました。(正直、美味しくない)

そこで、トマトで煮込んでみることにしました。

具材と調味料

具材
・トマト:中サイズ2個

 

調味料
・胡椒:適量
・ガーリックソルト:適量
・ケチャップ:適量

 

作り方

出来合えのパスタをトマトと一緒にフライパン投入。

火を通しながら、調味料と混ぜる。

お皿に盛り付けて完成。

感想

トマトとの煮込みは、まあまあうまくいきました。

ケチャップも使ったので、コク?がいい感じに出た気がします。

前半がひどかったこともあるので、60点くらいの出来栄え

 

昼食:バナナとナッツ

ブレません。

 

バナナとナッツです。

 

夕食:長ネギの和風トマト煮

急に長ネギが食べたくなったので、スーパーで購入しました。

具材と調味料

具材
・トマト:3個
・じゃがいも:中サイズ4個
・マッシュルーム:4個くらい
・長ネギ:1本

 

調味料
・ガーリックソルト:適量
・胡椒:適量
・ケチャップ:適量
・油:適量
・酒:フライパンを流しながら一周
・みりん:フライパンを流しながら一周

 

作り方

具材を細かく切ったら、油を引いた熱したフライパンに投入

トマトの水分を利用して、弱火〜中火で煮詰めていきます。

じゃがいもは、あらかじめシリコンスチーマを使い、レンジでチン。

柔なくなったじゃがいもも加えて煮詰まったら、お皿に盛り付けて完成。

 

感想

100点満点中、60点くらいの出来栄え

予想通りというか普通

正直レパートリーが今の所全くなく、「美味しい」というものも少ない。

というか、トマトに頼りすぎな感が否めない・・・

「遅く食べても太らない おやすみ前のベジごはん」庄司いずみ (著)を読んだ感想

 

 

「遅く食べても太らない おやすみ前のベジごはん」 庄司いずみ (著)

という本を図書館でレンタルしました。

料理の勉強のために、見ているとハーブや豆乳が必要なことが判明しました。

うん、そうだよね・・・

明日はオフなので、彼女と食材や調味料を買いに行くことに!!

ちなみにこちらの本は、残業などで仕事が遅くなった方、必見の内容です。

就寝前にごはんを食べると、どうしても翌日「胃もたれ」や「体の重さ」を感じますよね。

就寝前にも食べやすい・かつ簡単な料理がこの本では紹介されています。

就寝前や小腹が空いた時に、作って食べれる

そんな料理本です。

 

にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です