アラサーワーホリ男性のバンクーバーでヴィーガン(ビーガン)生活(16) 納豆キムチ丼とベジタブル餃子の作り方

 

こんにちは、くるぶしです。

 

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

 

ヴィーガン生活も16日目

 

折り返し地点となりました。

 

あと半月、何作ろう・・・

 

という気持ちですが、頑張ります。

 

朝食:納豆キムチご飯

昨日、納豆キムチアボカド丼を食べました。

でも、今日はアボカドは抜きです。

お米や納豆を使いきりたかったからいいんです。

 

具材と調味料

具材
・お米:1膳
・納豆:1パック
・キムチ:適量

 

調味料
・醤油:適量

 

作り方

丼にお米を入れます。

キムチをお米の上に載せます。

納豆を醤油と混ぜて、キムチの上に載せます。

完成です。

 

感想

予想通りの味です。

とういうか料理でもないから、点数も不要?

85点でした。

臭いものって美味しいですよね。

 

昼食:りんごとナッツ

 

ブレません。

 

本日も図書館にこもって作業のため、りんごと時々ナッツです。

 

夕食:ベジタブル餃子

餃子を作りたいと思い、皮を購入しました。

ちなみに、餃子の皮は英語で「dumpling skin」と言うそうです。

具材と調味料

具材
・餃子の皮:適量数
・小ねぎ:1束
・白菜:100gくらい
:マッシュルーム:6個くらい

 

調味料
・ガーリックソルト:適量
・胡椒:適量
・ガーリックチップ:10枚くらい
・油:適量

 

作り方

具材は、すべてみじん切りします。

ガーリックチップは頑張って細かく砕いていきます。

ガーリックチップとみじん切りにした具材を混ぜます。

ガーリックソルトと胡椒も混ぜていきます。

小ねぎや白菜の水分が多いので、フライパンで炒めて水分を飛ばします。

水分が飛んだら、餃子作り開始です。

適量を皮に乗せます。

水を指につけて、餃子の皮の外側をなぞります。

餃子っぽい形になればOKです。

餃子作りが終わったあとは、焼いていきます。

熱したフライパンに油をひきます。

餃子をフライパンに並べていきます。

弱火で焼いて、焦げ目がつき始めたら、水を30ccくらい入れます。

蓋をして蒸していきます。

水分が蒸発したら、お皿に移して完成です。

 

感想

ここまできたら、あとは簡単です。

タレにつけて、ビールで流し込むのもよし。

ご飯にワンバンさせて食べるのもよし。

ちなみにご飯でいただきました。

タレは、醤油とお酢を1:1くらいで混ぜたもの

評価は、98点でした。

 

ヴィーガン(ビーガン)向けの本:「からだによくて、おいしく、きれい サイラムの野菜ご飯」

図書館で料理に関する本を借りて勉強してます。

「からだによくて、おいしく、きれい サイラムの野菜ご飯」

 

ちょっと見とくだけでも、勉強になるかも

ちなみにこれはヴィーガン用の本でした。

 

にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です