アラサーワーホリ男性のバンクーバーでヴィーガン(ビーガン)生活(10) かぼちゃの煮付けと肉なし肉じゃがの作り方

 

こんにちは、くるぶしです。

 

現在、カナダのバンクーバーで海外ニート生活中です。

 

ヴィーガン生活10日目となります。

 

朝食:かぼちゃの煮付け

昨日の残り物です。

昨日同様に、パンとかぼちゃの煮付けで朝食を済ませます。

 

具材と調味料

具材
・かぼちゃ:2分の1

 

調味料
・醤油:大さじ3
・みりん:大さじ3
・酒:大さじ3
・砂糖:大さじ3
・水:かぼちゃが鍋に浸る程度

作り方

細かくカットしたかぼちゃを鍋に敷きます。

調味料を入れてから、水をかぼちゃが浸るくらいまで入れます。

落し蓋と蓋をして、弱火で火を通していきます。

時々、鍋を揺すったりしながら、かぼちゃが柔らかく慣れば完成です。

 

感想

冷えててもうまいです。

煮汁はパンをヒタヒタにして、食べたり、飲み干したりしました。

パスタのソースとして使っても良かったかもです。

 

昼食

 

本日は、バナナのみ

 

ナッツに飽きてきました・・・

 

夕食:肉じゃが(肉なし)

和食が食べたくなったので、肉じゃが(肉なし)を作ります。

肉はもちろんですが、出汁も使えません(昆布だしならOK)

 

具材と調味料

具材
じゃがいも:中サイズ5個くらい
小ネギ:1束
マッシュルーム:5個くらい
人参:一本

 

調味料
醤油:大さじ3
みりん:大さじ3
砂糖:大さじ1
油:適量

作り方

具材を食べやすいサイズに切ります。

油を熱したフライパンに入れて、具材も全て入れます。

油が全体に回るように中火で炒めます。

醤油:みりん:砂糖を入れて、蓋をして弱火で煮込んでいきます。

じゃがいもがある程度柔らかくなったら、お皿に盛り付けて完成です。

 

感想

久しぶりに和食を食べました。

じゃがいもはまだ少し硬かったです。

事前にシリコンスリーマーを使い、柔らかくしておくとより時間を短縮できます。

かつ美味しいものができると思った。

点数は、85点とまずまず高評価でした。

 

にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村

 

超簡単:鍋でお米を炊く方法

ちなみにヴィーガン生活中に、お鍋でお米を鍋で炊く方法も学びました。

作り方

お米を洗い、水を入れます。

目分量によりますが、お米を入れて、水を入れた後に、自分の手も鍋に入れます。

お米の上に置いて、指と手の付け根より少し上くらいまで水があればOK

こんな感じです。

お米に水を染み込ませるため、10分くらい放置します。

放置した後に、弱火で30分くらい蓋をしたまま再び放置

ぱっと見で水分がなくなっていれば火を止めてます。

蓋はしたままで、火元から離して蒸しましょう。

しばらく蒸したら完成です。

炊飯器がない方も鍋が一つあれば簡単にできますよ〜

水分量はお好みになりますが、上記のやり方だとちょうど良い硬さでした。

炊飯器がない方は、ぜひ試してみてください〜

にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です